FAQ for JAPAN

FAQ for JAPAN
FAQ for JAPAN2019-03-29T18:37:30+09:00

お客様が一番知りたいという内容を集めています。
キャディトークブランドは見慣れないのにどこで作るんですか2019-03-29T20:17:49+09:00

キャデトックはゴルフゾーンが作ったゴルフ用品ブランドで,誰でもゴルフが簡単で便利に楽しめるようにするモットーとしてスタートしました。
特にレーザー距離計に対する特許技術を基に優秀な性能に合理的な価格帯で市場を先導するブランドを目指しています。
“距離が分かればゴルフが見える”というキャデトックのビジョンとスローガンで,毎年新しい製品でゴルファーに新しい楽しさを提供します。

キャデトック製品の生産は徹底した管理監督のもとで中国で生産しており,
優秀な品質で顧客に恩返しします。
お客様のご愛とご関心をお願いいたします。

雨の日も距離計の使用狀に問題ないですか2019-03-29T20:16:35+09:00

キャディトーク製品は生活放水は可能ですが,レーザー距離計の特性上,レーザーが雨水に反射され,
測定が困難であったり,不正確になることがあります。
そして長時間,湿気にさらされる場合,故障が発生することがあります。 製品保護のため,水気や湿った所,牛川市の使用を避けてください。
浸水による故障時無償A/Sが不可能となりますのでご注意ください。

試合で使用可能なモデルがありますか。2019-03-29T20:15:53+09:00

JPGA,JLPGAではスロープ機能のない距離計に限ってツアーでの
使用を許しています。
キャディトークはツアーの試合で使用可能製品が2つあります。

– キャデトークミニProfessional
– キャデトークスナイパーProfessional

ジョルト(JOLT)機能は何ですか。2019-03-29T20:14:21+09:00

ジョルト(JOLT)機能は,ゴルファーに測定距離に対する確信を与えるためにレーザーによって
ターゲットが感知され,ビューファインダーに距離が表示される時,短い振動で知らせる機能です。
キャデトック距離計を使用すると,振動が鳴る時,画面に表示された距離がターゲットまでの
距離であることが確認できます。
キャデトックミニとキャデトックスナイパー製品にはゾルト(JOLT)機能が適用されています。

グリーンモードの場合,距離偏差が生じる理由は2019-03-29T20:13:15+09:00

キャディトーク1製品のグリーンモードは使用者の目線とターゲット(ホールカップ)に向かうアングル(Angle)によって知らせる距離が変わることができます。
そこでグリーンモード使用する前に”設定モード–の目線(cm)”を入力するようになっており、(製品の購入後、最初の1回入力)、その際の目線測定姿勢がゴルフラウンド市測定する姿勢と同じようにすることが重要です。
できれば両足を曲げずに正しく立てた状態での目の高さを測定して設定し,ゴルフラウンドにもそのような姿勢で使えば,偏差を減らすことができます。

また,ホールカップやピンを直接的に測定すると,ターゲットの高低差を認識できないことがありますので,測定時,ホールカップの内側面よりはホールカップのすぐ横(グリーンの底面)をターゲットにして測定すると,より正確な測定が可能です。

[蜜Tip]ロングパッティングが多いゴルファーの場合,グリーンモードを活用すればプレー時間を短縮することができ,グリーン傾斜の激しいゴルフ場では特にどれほど傾斜度を勘案してパッティングしなければならないかが分かります。 グリーンモードの使用により,より楽しいゴルフラウンドをお楽しみください。

グリーンモードを使用すると,グリーンの速さによって測定方法が違うのでしょうか。2019-03-29T20:12:20+09:00

キャディトーク1製品のグリーンモード機能はすべてのグリーンスピードで対応ができるように設計されており、設定モードでグリーンスピードを
Slow(遅い)–Normal(普通)–Fast(早い)3段階に設定が可能です。
ゴルフ場で当日のグリーンスピードを確認した後,それに合わせて設定し使用するとより正確な推薦方法を得ることができます。
ゴルフ場でラウンドが始まる前に,練習グリーンでテストしてください。 練習グリーンで上り坂5メートル(あるいは下り坂7メートル)の距離で、普段パットの際の感覚と判断したターゲット距離とキャディーのトークのグリーンモード推薦距離が一致するようグリーンスピードの設定を変更したら最も正確です。 そして,ラウンド中,気温の変化でグリーンスピードが速まることがあります。 この時にもグリーンスピードの設定を変更してくださったり,考えてパッティングされるのも良い活用法です。

ピンパインダー(PinFinder)機能は何ですか。2019-03-29T20:11:16+09:00

ピンファインダー(PinFinder)機能は距離測定ボタンを押す状態でピン周辺を左右にスキャンすると,その間連続的に距離を測定し,その中で最も短い距離をターゲットに認識してその距離をビューファインダー画面に示す機能を言います。
レーザー距離測定器でターゲットに向かって距離を測定する時ターゲット後ろの樹木や丘がターゲットに認識されて距離測定になる場合が多いです. 特に,グリーン上のピンをターゲットにして距離測定をするときにこのような状況が発生します。
このような問題を解決するために,キャデトック距離計すべての製品にはピンファインダー(PinFinder)機能が適用されました。

ボイスボタンって何ですか?2019-03-29T20:09:50+09:00

キャディトークスナイパーに適用された新しい技術でボタンを押すときに手ブレが発生しますが,それを防止するために電源を入れた状態で”トック(Talk)”と言えば,距離を測定してくれる機能でボタンを押す必要がなく,手ブレを根本的に防止します。
また,ボタンの操作が慣れていないゴルファーたちもボイスボタンの機能で,非常に容易にキャデトックスナイパーを使用することができます。
このような音声認識ボイスボタン機能の距離測定器は,キャデトックならではの革新的で創意的な考えで作られました。

OLEDビューファインダーって何ですか2019-03-29T20:08:47+09:00

一般的な距離計はLCD 方式を主に使用します。
LCD方式はビューファインダー内に文字色が黒く,午後のラウンディングの際によく見えない短所があります。
しかし,OLED方式は主に高価な距離計に使用される方式で,ビューファインダー内の文字色が赤色でゴルフ場のグリーン色と保色を行い,いつでも鮮やかに測定距離を確認することができます。
キャデトックスナイパーはOLEDビューファインダーを提供し,スーパークリアレンズで明るくてきれいな画像を提供しています。

CR2バッテリーのほかに他のものを使用できますか。2019-03-29T17:36:47+09:00

ほとんどのレーザー距離計はCR2バッテリーを使用するのに、
キャディトークミニとキャディーのトキシや二ポもCR2バッテリーだけ
使用することができます。
バッテリー寿命は一般的なアマチュアゴルファーなら1年以上使うことができます。 インターネットショッピングモールで低価格で購入可能で,一部のコンビニでも販売しています。
[TIP]余分のバッテリーをゴルフバックの中に保管することは,ゴルフラウンド中にバッテリーが放電され,試合を駄目にすることを防ぐ良い方法です。